上手な写真の撮り方

上手に写真を撮る

上手な写真の撮り方。もっと写真を楽しもう!

もっと写真を楽しもう

写真とは

写真とは端的に言えば目の前にある風景を切りとることです。目の前の、素敵な風景、可愛い動物、美味しそうな食事など、私達をわくわくさせる一瞬を切りとり残します。そして後々見返して、当時のことを思い出す日記のようなものになるのです。 インスタなどのSNSに投稿すれば、その思い出を友人や遠く離れて住む家族とも共有できます。

携帯電話についているカメラもスマホへと進化してから、日々画素数が増え性能が高まっており手軽に綺麗な写真を撮ることができます。携帯で撮ったものをブログやインスタなどにアップして、大勢の人に見てもらうことを楽しみにする人もいるでしょう。 ネットを使って写真を通し、自己の視点をアピールしたり楽しみをシェアするのです。 特に最近はスマホのアプリを使って画像を修正したり加工したりして、個性的な写真を楽しむ人が大勢います。
また、同じ場所で撮ったとしても自分が撮ったものと人が撮ったものでは見るポイントが全く違っていたりします。同じものを撮っても人それぞれに視点が違う、そのことが面白いのです。

これが一眼レフになるとさらに個性的な写真が撮れます。レンズを変えて異なる効果を出したり、シャッタスピードや絞り、露出を変えると様々な表現が可能になります。

これを使って撮ろうという機材を決定したら撮影に入ります。デジタルカメラは撮った写真をすぐにチェックでき、メモリーカードの容量が許す限り撮ることができるので色々なことを試すことができます。
また最近では昔はやったフィルム式の使い捨てカメラが再び人気を呼んでいます。現像するまでどう写っているのか分からないところや、最新のデジカメにはない適度なぼやけ感が良いと言われているのです。 ただフィルム式はフィルム代や現像代など予算がかかるので、デジタルカメラで「撮ること」自体に慣れた後で始めても良いかもしれません。

デジタルカメラ

上手に写真を撮るのは難しい?

携帯電話やスマホのカメラで撮ったものも、カメラで撮ったものも写真の仕上がりを見た時に、思った通りに撮れていないもどかしさを感じることが出てくるでしょう。思っていたように撮ることは結構難しいのです。だから気に入ったものが1枚でも取れた時は喜びもひとしおです。

ベストな1枚を撮るために、構図を工夫したり光の当たり方に注意したり露出補正で逆光を味方につけたり、撮影するときに工夫することで技術的に進歩していく嬉しさが感じられます。

見ることで撮影者の新たな一面に気づく。どう撮れば美しい世界が切り取れるか考える。奥深い写真の世界にはまっていく感覚は快感に似ています。そこに写真を撮る魅力があります。

おススメ情報

漫画村の代わり
【超オススメ!】ずっと同じ先生だから安心!選んで間違いないペーパードライバー講習。
サプラスはライフプラス社サプリメントのクチコミ情報サイトです
英語 独学 勉強
モッピーの稼ぎ方、お小遣いアプリの活用!